令和6年能登半島地震
令和6年能登半島地震における被災地支援活動(食器寄贈活動)

 令和6年能登半島地震によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の皆さまに謹んでお悔やみ申しあげます。また、被災された皆さま、そのご家族、関係者の方々に心よりお見舞い申しあげます。
 弊社は創業以来、長きにわたり北陸地域の皆さまとともに歩みを進めてまいりました。この度の地震により、多くの被災された皆さまが不自由な生活を強いられている現実を鑑みて、少しでも安心して過ごせる日が一刻も早く訪れますよう、地域社会の一員として、微力ながらできる限りの支援を行っています。
 弊社は、これまでも大規模災害が発生した時に被災地支援として、仮設住宅に住まざるを得なくなった被災者の皆さまを訪問し、ニッコー株式会社とともに陶磁器製食器をお配りする活動を行ってきました。被災された皆さまからは、「紙皿にラップを敷いて何度も使っている」、「毎日同じ安物の食器で気が滅入る」等の声をお聞きします。新しい陶磁器製の食器は大変喜ばれます。
 弊社は、このように食べるものはあっても、食べる器次第で気持ちが変わるものだと信じ、一人ひとりが生活を立て直していく上で、食べることを通じて心の豊かさを取り戻すことに少しでも寄与したいという思いからこの活動を続けています。ここに、食器寄贈活動の状況につきまして、ご報告申しあげます。

食器寄贈活動の概要

 この度の能登半島地震の食器寄贈活動の取り組みは2024年2月から開始し、これまでに、7市町 41カ所の応急仮設住宅(1,802戸)の方々に、ニッコー株式会社製の食器セット3,585セットをお届けいたしました。(2024年4月19日 現在)
1.jpg
2.jpg

この度の食器寄贈活動には、これまでに 15の企業・個人の方々のご協力をいただきました。

ビジネスエンジニアリング株式会社 様
株式会社データコントロール 様
株式会社ファンリード 様
富士通Japan株式会社 様
株式会社ケーケーシー情報システム 様
株式会社ヒミカ 様
エコー電子工業株式会社 様
株式会社鉄鋼ビルディング 様
株式会社オーイーシー 様
株式会社サリック 様
光誠電気工業株式会社 様
アカイ・サービス株式会社 様
(順不同)
※お名前の開示についてご了解いただいている方のみ掲載しています。

食器寄贈活動の記録

応急仮設住宅に入居された方々に、以下の日程で食器セットをお届けいたしました。

■ 2024年2月9日(金)
珠洲市:正院町第1団地(正院小学校グラウンド①)
0209.jpg

■ 2024年3月2日(土)
能登町:うかわ団地(旧鵜川小学校グラウンド①)
志賀町:旧JA志賀富来支店駐車場 
珠洲市:みさき小学校グラウンド、三崎中学校グラウンド、正院町第2団地(正院小学校グラウンド②)
0302.jpg

■ 2024年3月9日(土)
輪島市:マリンタウン第1団地(キリコ会館広場)、西脇町第1団地(農村ふれあい広場)
穴水町:川尻児童公園、町民農園、穴水交通公園
能登町:うかわ団地(旧鵜川小学校グラウンド①)
七尾市:舟尾第1団地、万行第1団地
0309.jpg

■ 2024年3月22日(金)
輪島市:町野第1団地(町野小学校①)
能登町:うかわ団地(旧鵜川小学校グラウンド②)、しろまる団地(旧白丸小学校グラウンド①②)
七尾市:中島町第1団地(中島中学校跡地①)
志賀町:とぎ第3団地(富来湾漁業倉庫跡地)
0322.jpg

■ 2024年3月28日(木)
輪島市:横地町第1団地(河原田小学校グラウンド)、河合町第1団地(文化会館駐車場)、杉平町第1団地(あての木園用地)、町野第1団地(町野小学校グラウンド②)、門前清水第1団地(門前総合運動公園)、門前町浦上第1団地(浦上公民館)
※ビジネスエンジニアリング株式会社様から5名の皆さまに支援活動にご参加いただきました。
0328.jpg

■ 2024年4月9日(火)
珠洲市:市営グラウンドゴルフ場(北)、市営多目的広場、宝立小中学校グラウンド
輪島市:宅田町第3団地(宅田町商業施設跡地)、旧輪島中学校、門前町道下第1団地(門前グラウンドゴルフ場)
※ビジネスエンジニアリング株式会社様から4名の皆さまに支援活動にご参加いただきました。
0409.jpg

■ 2024年4月18日(木)
七尾市:七尾市向田町第1団地(能登島コミュニティーセンター)
志賀町:志賀町富来健民ホッケー競技場
内灘町:内灘町宮坂団地(勤労者体育センター)、総合公園、向粟崎運動公園、千鳥台第3公園
輪島市:里町第1団地(旧南志見小学校)
能登町:能登町おぎ第1団地(旧小木小学校)、能登町みずほ団地(旧瑞穂小中学校)
穴水町:陸上競技場
※富士通Japan株式会社様から2名の皆さまに支援活動にご参加いただきました。
0418.jpg

引き続き、応急仮設住宅の完成時期に合わせて、食器寄贈活動を継続いたします。

被災された皆さまに一日も早く平穏な生活が戻ることを祈念するとともに、地域社会の一員として、今後とも微力ながらできる限りの支援を行ってまいります。