THE eto イラストについて

公募の始まり

公募のはじまりは、三谷産業株式会社(当社)の株主総会に来られた株主様に進呈しておりました記念品のお皿。IR活動として出発しました。当初は、毎年作家さんに依頼して挿絵を描いていただいておりました。 社会貢献事業への関心から、公募にしてみてはどうかと、一般公募に踏み切りました。
節目となる13回目にジュニア奨励賞を設けたこともあり、全国から高校生以下の優秀な作品が数多く集まるようになりました。
良い作品との出会いを求めて始めたTHE etoイラスト公募ですが、応募者の方と創作活動の楽しみと感動を共有する喜びも享受できました。みなさまに支えられようやくここまでこぎつけることができました。ここからは、応募者、運営側、株主のみなさま全員がうれしい公募を目指し、努力して参りたいと思います。

大賞作品はお皿に

当社の株主総会にご来場いただく株主様に進呈する記念品のお皿になります(非売品)。毎年絵柄の変わるお皿を揃えるのを楽しみにされている株主様も多くいらっしゃいます。お皿は当社の関連会社であります、ニッコー株式会社にて制作しております。※右図は第24回【寅】大賞作品を使用したお皿

審査員紹介

撮影:坂口澄夫

西のぼる

画家

著名な作家と数多くの仕事をされている日本を代表する挿絵家の一人である。広い分野の絵画に造詣が深く、様々な分野の審査員を経験。

    略歴/作品
  • 1946年石川県生まれ。重厚でかつ明るい独特の作風で、数々の歴史小説の装画、挿絵を手がける。
  • 1993年第二回日本文芸家クラブ大賞(美術部門)受賞。
  • 1994年著書『さし絵の周辺』を出版。
  • 1999年共著『能登の細道』を出版。石川テレビ賞受賞。
  • 2001年『はやぶさ新八御用旅―東海道五十三次』(平岩弓枝 作)、『華栄の丘』(宮城谷昌光 作)の挿絵で第32回講談社出版文化賞受賞。
  • 2002年共著『加賀の細道』を出版。
  • 2008年画業30周年を記念し、石川近代文学館など県内外6か所で展覧会を開催。同年、6曲1双金屏風(180×720)を制作。
  • 2011年日本経済新聞朝刊 連載小説「等伯」(安部龍太郎作)にさし絵を担当。
  • 同年、石川県七尾美術館にて「等伯」原画展を開催。

  • 草鞋之会の一員。東京イラストレータズソサエティー会員。石川県白山市在住。
    趣味:版画収集、邦楽・歌舞伎観賞
  • 応募者のみなさまへ
    作品は貴方の分身です。心のこもった作品のご応募をお待ちしています。

小杉陽子

ニッコー株式会社 陶磁器事業部
アートペインターズラボ 部長

アカデミックなデザインの知識を備え、若者文化、ジャパニーズアートにも造詣が深い。

    略歴
  • ニッコー株式会社で食器・インテリア製品などの陶磁器製品(家庭用のカップやお皿などの器、ホテルの食器や調度品、レストランのシェフ御用達のプロ用の器)の企画・デザインを担当。
  • 手描き部門アートペインターズラボ新設から現職。
  • 応募者のみなさまへ
    のびのび、きもちよく描いてください。いきいきとした干支作品と出会えることを楽しみにしています。