★1回の募集は、卯(うさぎ)でした。★

色が現物と異なる場合があります。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

第1回大賞作品
大谷友里さん
石 川
審査員評
大谷さんの作品は寓話的で見ていて、とても心暖まる作品でした。版画風のタッチと色合いはイラストにもよくマッチしていて優れた作品です。作者の個性も色濃くで出ていたので一番目立ちました。作品の善し悪しは、やはり個性です。







第1回奨励賞作品・・・5作品
長谷静子さん
審査員評
面白い作品です。まるで故岡本太郎氏の『太陽の塔』、もしくはピカソの『泣く女』を思わせるようなアイディアです。

川端志穂さん
審査員評
インパクトのある力強い作品です。色もイラストにマッチしています。まとまっていて完成度が高いです。
佐野研二さん
審査員評
テーマは“愛”でしょうか。2匹の形を組み合わせて
ハートの形をしているところが微笑ましいです。


吉田拓朗さん
審査員評
絵皿を意識している作品です。黒でうさぎのシルエットを形どっているので他の作品にはない“和 ” の香がします。
アイディア賞  
 
川端志穂さん
審査員評
川端さんの作品は発想が優れていたことから当初の予定にはありませんでしたがアイディア賞となりました。うさぎの赤い目と円だけで表現した斬新な作品です。

 
第1回は大賞1点と奨励賞4点、アイディア賞1点の以上6点です。