社長メッセージ

この度は弊社ホームページにアクセス頂き、誠に有難うございます。

弊社は昭和3年、福井にありました企業の金沢出張所としてスタートし、昭和11年に三谷進三(三谷産業創業者)が責任者として赴任し、その後分離独立し現在に至っております。石炭の商いを営んでおりました頃、三谷進三はお客様のボイラーの燃焼効率を計算し、たとえ大量の注文を頂いたとしても、最適な量のみをお届けしていたと聞いております。それは三谷進三が高等工業学校で学んだ計算式が役立っているとの事でした。
当初はお客様からお叱りを受ける事もございました。しかし、大量の石炭を保管する必要が無く、貯炭場が少なく済むため、結果としてお客様の負担が減った事、そして手元資金の流動性が高まった事から、後々大変好評を得る事となりました。
このように当初から三谷進三は、高度な技術に裏付された品質・付加価値の高いサービスを提供し、高い顧客満足を目指していました。

上記のとおり、弊社は北陸から事業をスタートしてまいりましたが、その地方の経済力により一つ一つのビジネスサイズが制限されてしまうことから、多業種・多エリアへの展開を進めてまいりました結果、現在では6つの事業セグメントを持った会社となっております。事業は多岐にわたっておりますが、全ての事業の中にこのような高品質・高付加価値のサービスが含まれており、お客様に満足して頂けるものと考えております。
弊社のホームページをご覧頂く際に、弊社のサービスにちりばめられたそのノウハウが何処にあるか、宝捜しを楽しんで頂ければ幸いに存じます。

最後になりますが、弊社は商社ビジネスを守り高付加価値を創造するために、商社ビジネスに製造・物流などの機能を付加するとともに、 技術部門を強化し、技術部門と連携した提案型営業を推進しております。
今後とも弊社を暖かく見守って頂ければ大変幸甚に存じます。

代表取締役社長
饗庭 達也(あいば たつや)